Rose Jardinバラ園のご紹介

Rose Jardinローズジャルダン|山梨県北杜市明野のバラ苗販売、オープンガーデンのあるお店

バラの診察室のあるお店

2019年1月アーカイブ







お客さまから、お問合せがありました。


  つるのアイスバーグを移植したいのですが・・。


なんでしょう、アイスバーグのお話が続きます。


バラ育てのご質問をいただくのは、ほんとうに嬉しい事です。


詳しくお聞きしましたところ、絶好に日の当たる場所から移動したいそうでして


さて、困りました





P1090068.JPG





日陰でだいじょうぶな種類もありますが、つるアイスバーグは、お日さまが大好きなバラ。


そして、日あたりが減ってくるほど、花の咲き方に差が大きく生じるバラでもありますね。





それでも、移動したいのは山々だそうでして・・


そして、お願いしました。


 せめて、からだ半分より上は、しっかりお日さまが当たる場所にしてやってくださいますか?


 このバラは、根元からのベーサルシュートは出にくいですが、サイドシュートはよく出してくれますから。






P1090166.JPG








承知しました。と、お答えをいただき、安心しております。


バラは、やはり太陽の光をいっぱい浴びたいと思うんですよね。


植物は、何でもそうかもしれないですね***



          つるアイスバーグ


          カフェ舎に絡むつるアイスバーグです。


          昨日、今日と、本剪定をいたしました。


          今年はどんな風景を見せてくれるかと思いますと、胸が高鳴ります。





          そして、昨年咲いてくれた風景を見ていただきたくなってしまいました。


          満開に咲いた白いバラの景色は圧巻です。




          5月末から、6月始めが見ごろとなると思います・


          よろしければ、お時間がありましたら、眺めに来てくださったら嬉しいです***







P1090177.JPG










P1090172.JPG







P1090171.JPG







P1090170.JPG








P1090174.JPG







P1090178.JPG







P1090180.JPG







P1090165.JPG




素敵な大好きな花たちが彩る、玄関先ですが・・



実は・・  悩んでいます・・・



そして



バラたちに問いています。



もっとね、どんなふうに咲きたいと思っていますか? って。














P1090359.JPG






P1090358.JPG







P1090357.JPG







P1090360.JPG









P1090361.JPG




バラを育てていらっしゃるみなさまバラの本剪定の最中ですね。


さて、剪定バサミのお手入れは、されていますでしょうか?


切れ味が悪いのを、ハサミのせいにしてはいませんか?


お手入れをしたいけど、研ぎ方がわからないです~ という方に、


 ちょっとしたお手入れの仕方を書いてみたいと思います。






      毎回、専門的に砥石で研ぐ必要はないんですよ、


      何度か使っていますと、刃が黒くなってきますね、


      これを放置しますと、だんだん黒が重なって切る事ができなくなってしまいます。


      黒いのは渋ですね、この渋を取ってあげましょう。

 
      台所で使うステンレスのもしゃもしゃのたわしがありますね、それを使います。


      ハサミとたわしを少し濡らして、擦ります。念入りに擦って渋を取りましょう。


      そして、布で拭きます。   はい、これで終わり~ 笑


      もし、あれば、市販のサビ取り潤滑剤をスプレーして、軽く拭いて仕上げます。


      これで、ほんとに はい、終わりました~。




      渋だけは時々は、このように取ってあげてください。

 
      そうしましたら、ハサミの切れ味よろしく、長持ちもいたします。


      きれいなハサミで切りましたら、バラもきっと喜びますね  微笑



       参考にしていただけましたら嬉しいです ***








P1090210.JPG


















本来なら、今週の始めからバラの剪定に伺う予定でした。


前夜に訃報で知りました。


バラの往診・お手入れに伺っておりますお客さまが亡くなりました・・。


辛い知らせでありました  辛い夜でした


とっても良くしていただいて、お世話になって、そして大好きな方でした。


ご冥福をお祈りいたします。








バラがお庭に80株もあるんです。


バラが大好きで、楽しみに増やしていかれました。


メイン通路にりっぱな木製のアーチをこしらえて、そこに植えたいバラをいっしょに選び植えました。


これからが楽しみ~と言って、嬉しそうに笑っていたお顔を思い出します。


切なくて 泣いてしまっています、ごめんなさい、、







もう、伺えないかなという心配は無用でした。


今まで通りにお世話を頼みます。 春にまた満開のバラを見せてあげたいです***


おうちの方が言ってくださいました。


もちろんです! と、お答えしました。







もう少ししましたら、バラの剪定に行こうと思います。


奥様とお話ししながら。 きっと楽しい剪定になるでしょう。


そして、春になったら満開のバラの花を、奥様とご主人さまと三人で眺めたいとおもいます ***













P1090265.JPG



仕事始めは、剪定始めなり~ 


てなわけで 笑






年始に早速、バラの往診・お客さまから問い合わせがありました。


 母の庭に来て剪定をしてやりたいのですが、「バレリーナ」 はどう、剪定したらいいですか?




良いお話ですね お母さまのバラを面倒みてさしあげるなんて とっても素敵と思います ***


答えの内容ですー


 はい、バレリーナは、どこを切っても花は咲きます。

 何年か経っている大きな株でしたら、つるバラとして楽しめそうでしたら、花がらだけ切って、伸びた枝はフェンス等に誘引しましょう。

 場所が狭くて大きくしたくないという事でしたら、ある程度、約半分くらいバッサリ切って、木バラのように楽しんだら良いでしょう。




つるにしてみたいです、やってみます、と、お返事をいただきました。




実は、この方は、バラの往診・お手入れに伺っていますお客さまであります。


何年かいっしょにやっているうちに、剪定もお手入れも、とっても楽しくなったようすです。


とっても嬉しいことと思います。






時々、こんなふうに、剪定についてもお問合せをいただくことが多くなってきました。


バラ育てのみなさんに、少しでもお力になれましたら幸いです ***













P1100727.JPG




  「バラの剪定」





わたしがバラに夢中になった理由。 それは、バラの剪定の面白さにはまってしまったからであります。


バラの剪定。 そう、書いただけで、腕は鳴り胸が踊ります。


どうしてでしょうね 


勤務時代に於いては、チームの親方は怖くて、バラの仕事はほんとに仕事として見たりやったりしていただけでしたのにね。








P1100703.JPG








その日は、ある日突然、やってきました。


剪定が楽しくておもしろくて、やれたならご飯食べるのもどっちでもよくなってて。


おかしい話なのですが、バラさんがね、ここを切って欲しい~って声が聞こえてきたんです 笑







嘘じゃないですよ 笑笑


それはきっと。


バラの剪定をする意味や理由が解ってきたからとおもいます。


ここを、こう切ったらこう咲いてくれるんだと、からだが、手が、ハサミがいちいt解るのです。







P1100697.JPG






明日から、お客さまのガーデンのバラたちの本剪定が始まります。


また、みんなに会えるかと思うと、嬉しくてたまりません ***


4月まで続くバラの剪定です。  がんばります!

















  今日は寒さが堪える一日となりました。


  小寒の頃です。いよいよ冬らしく、寒さも本番になってきました。








      ガーデンで咲くバラ 「センチメンタル」 を、紹介したいと思います。


      白のベースに赤い縞が乗り、なんとも美しく、魅力的なバラとおもいます。




      何年か前に、重い黒星病にかかってしまい、体力も衰えてもうダメかと思いましたが、適度のハサミ入れと施肥で復活。


      ベーサルシュートをよく出すようになり、花数も次第に増えて行きました。










P1100730.JPG 






       こぼれ種で増えた サルビアネモローサ・カラドンナと、とっても相性がいいみたい。


       センチメンタルのバックコーラスみたいね


       どちらも、とっても素敵とおもいます。











                  カラドンナから見たら、こんな感じに見えるのかな。


                  6月初めの、ローズジャルダン のガーデンです ***


        













P1100738.JPG





























   おっはよ~~っ!


   美しすぎる朝の山々の景色を見ながら思いました  

    
    「こんなにいい所にお嫁に来たんだなぁ・・」

                   
                 なんてね 笑







1月も4日となりました。 "バラの庭ローズジャルダン" も、今日が仕事始めです。


今日は、年始恒例となっております Bonne vie さんとのミーティングに参りました。


  (ブーケ専門の花屋 Bonne vie  詳細をブログ表紙からリンクしてご覧になれます。)


Bonne vie さんとは、過去に勤め先でいっしょだった経過もあり、普段協力体制のもと業務を進めており、


                      また、いい刺激もいただいております。










P1100671.JPG







決め事のひとつにCafe があがりました。


Cafeは、5月~11月において、毎週日曜日にOpenするpことといたしました。


残念ながら、今季はバラ苗の販売はいたしません。 申し訳ありません。


その代わり、バラはもちろん、ガーデンの花々を充実させてお客様をお待ちしたいと思っています。






  まずは、決め事をひとつ、お話させていただきました。


  みなさま、よろしくお願いいたします ***






今日の風は強かったかしらね・・。







カフェ舎に絡むバラを、もうひとつ・・ ふたつ、お見せいたしましょ!



まあね、時々登場してきますから、ああ、あれね、なんて思われるかもしれません。



今年で9年目のガーデンですが、どうしても植えたくて最初に植えたバラたちのひとつ・・ ふたつです 笑






       真っ白で  



           純白の



                    ふたり~ 。





P1100716.JPG


     

             ソンブレイユ   オールドローズのつるバラ。



                       花びらがびっしりと重なって・・  強香。


                        
                         そのうえ、四季咲きなんですっ  嬉し。










P1100717.JPG




          つるアイスバーグ     白バラの代表格でしょうか。


                       一季咲きのうえ、微香なれど、いつの時も愛される素敵なバラですね。









P1100714.JPG




                 ふたり、カフェ舎の東側の壁に饗宴いたします  ***







     l白いバラはいいですね・・ 
   


     これだけはやってみたくて植えたのを覚えています。



     今年はどんな景色に咲いてくれるでしょうか。



     悩ましい剪定がめちゃ楽しみです。、


     










  少し風はあったものの、今日も、穏やかに晴れた一日となりました。


  剪定を前に、すでにバラたちに会いたくてたまりませんので、しばらくはガーデンに咲いた花を紹介していきましょう***








  カフェ舎に絡む "ベージュ"



       ジュリアとよく間違われてしまうんですけど。



  わたしはベージュよ!と、言わんばかりの存在感があるのは確かです。







P1100713.JPG









P1100711.JPG





  少し過酷な所に植えていますから、どうなることかと心配しましたが、お日様にあたりたい気持ちが勝りました。


  
  なんてね~ ささやかに伸びた枝を倒してやったのがよかったと思います。



  カフェの入り口に向かい、素敵に花をいっぱい咲かせてくれました。







P1100710.JPG






   花がらを取るのももったいないほどの咲きようで、バラ庭師をずいぶんと困らせました 笑



   そのくらい咲いてくれたら、もういう事ありません***









P1100709.JPG





    今年は、果たしてどんなふうに咲いてlくれるでしょうか。



    まあね、剪定次第という事です。



    うふふ、ベージュさん、ちょっとドキッとしたような・・  笑




P1100708.JPG






   2019年


   明けましておめでとうございます。  本年も、どうぞよろしくお願いいたします。




    P1100799.JPG





     カフェ舎に絡んで咲く"フェリシア"  メインの純白のバラ"つるアイスバーグを引き立てます  ***


     今年は、この愛しいガーデンのバラたちを、もっと構ってやりたいと思っています。


     




     「バラの庭ローズジャルダン」を開業して、おかげさまで今年で10年目を迎えました。


     みなさまに支えられて、見守っていただいて、ここまで来ることができました。


     ほんとうにありがとうございます。


     これからも、どうぞよろしくお願いいたします。



         バラの庭ローズジャルダン

             篠原 直美


     
Rose Jardinローズジャルダン|山梨県北杜市明野のバラ苗販売、オープンガーデンのあるお店