Rose Jardinバラ園のご紹介

2016年10月アーカイブ



          " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。





朝は風が冷たく感じましたが、日中はポカポカな小春日和のよい一日でしたね~



いきなりですが



余談ですが・・


バラ庭師も一応(笑)主婦もしておりましてね、

一応、お掃除とかお洗濯とかをせねばなりません。

ですのでね、晴れというのはほんとうにありがたいな、と思うのです。



  あ、せねば、ではなく、させていただいています~ (笑)





P1090810.JPG





さて、今日は早朝、ガーデンのメンテナンスに伺いました。



 カフェ感覚のフランス料理店 

      「ジャルダン アッシュ」 さんの中庭です。



時々、お話させていただいています。ありがとうございます。




壁面花壇を正面に、ちょっと素敵な花壇になっており、お花たちを眺めながら、外でお食事ができます。


その壁面花壇と、そこにつながるガーデン。それから2つの大きなコンテナガーデン。



 季節の花々の植付けとメンテナンスをいたします。




P1090814.JPG












P1090809.JPG








P1090807.JPG









P1090808.JPG









今は、秋・・。


シンボルツリーんのジューン・ベリーが葉を落としますのでね、落ち葉拾いが中心のメンテナンスです。




思うんですよ、何が植えてあるか、より

お手入れの行き届いたガーデンは美しい。




な~んてね、植栽については、まだまだ修行中なバラ庭師であります。

そちらにつきましても、早急に腕を上げ、がんばる所存です!!





P1090805.JPG




縁ありまして。いろいろなお仕事をいただいております。

今更ながら、「感謝」につきます毎日です。

          

          " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。




ここのところ、バラを含むガーデンの植栽の依頼もいただくようになり、嬉しいやらドキドキしています。

今日は、最近いただきました2つのお話を紹介します。






「2つの植栽のご依頼」



バラ庭師ですから、イメージは、"バラを切ってなんぼ?" な、感じでしょうか?

それは、もちろん得意とするところであります。 切るの大好きです 笑




それが近頃、お庭の植栽のご依頼をいただくことが増えてまいりました。

最近は、お庭つくりにバラは欠かせないものと思う方が増えてきているようでして、

合わせまして、バラと植えたら素敵!な植物を教えてください。

そんなアドバイスを求められました2軒をご紹介いたします。






P1050836.JPG






まずは、新築されたお宅のガーデンです。

若いお二人が、がんばってつくられました新しいお庭の植栽を頼まれました。



  お二人、お庭のイメージは持っておられます。

  奥さまはもちろん、最近はご主人のほうがお庭に意欲的になられたようでして、

  わたしに説明してくださる時も・・

    ふふ、 プチ喧嘩がはじまってしまいました~ 微笑




結果、お二人ではなかなかお庭の構想は決まらずに、バラ庭師は呼ばれました。

オリーブのシンボルツリーが植えてありました。

バラを、ピエール・ドゥ・ロンサールを、どうしても1株植えたいんです。

   
   この後を、ご依頼されましたよ

   さ~て、どうなりますかしら~


     めちゃめちゃ楽しみです!!







P1050829.JPG






もう、ひとつは、もう、バラの往診・お手入れに4年お世話させていただいていますお庭です。

広~いお庭に、バラが60株。

樹木や、様々な草花が所狭しと植えられています。



春に咲いた時は、それはもう、美しいばかりのガーデン!!

ですが、毎年そのあとが悩みでした。

バラもほかのみんなも、伸び放題に伸びて、奥さまお手入れがままなりませんで・・



もちろん、バラ庭師は伺います。

そのためのバラ庭師ですから、お手入れのお手伝いさせていただいておりました。





P1050846.JPG






きっかけは、木製のバラのアーチが朽ちて、入れ替えをしなければならなくなったことにありました。

マイ・ガーデンの景色を変えてみたくなってしまいました。

合わせて、お手入れもしやすいメリハリのガーデンにしたくなってしまいました。



もともと、植物といっしょにいるのが大好きな奥さまです。

バラ庭師ばかりに頼ってはつまりませんで、よくお手入れはされているんですよ 微笑





欲が出てしまったんですね~

また今と違う景色のローズガーデンを見たくなってしまいました***




  壊れたアーチの取り換えと、アーチの本数も増やします。

  新しいつるバラも手配いたしました。

  もちろん、奥さまが選び悩んだ末の、とっておきのバラたちです。



  あとはね、大きくなりすぎてしまった樹を何本か切ると言っておられます。

  お庭のかたちも変わりそうです。

  植栽は練りに練ってやらねばなりません。


    あ~~ イメージどおりにいきますかしら がんばります!!






またね、時々経過報告いたします。

お楽しみにしててくださいね~ 笑




当店のバラ庭師は、お庭の植栽をはじめ、素敵なお庭つくりにできるかぎりのお手伝いをさせていただきます。

  
  いつでも、お気軽にご相談ください。


   バラの庭ローズジャルダン

    080-5034-3898 まで




   



くもり空な日が続きますね~。


それでも雨が降ってこないだけ、ありがたいです。




  
  マニュアルなんてないのかも?



バラ庭師の往診が続いています。

やっと、お天気が落ち着いてくれ始めましたね。





P1060035.JPG





突然ですが・・


 バラのお手入れは、一年中続きますね。



花が咲く時だけが、バラの季節ではないと、バラ庭師は思うんですよね。


肥料をやって、剪定して、花が咲いて、花がらを切って。

水をやって、たまに消毒して、草を取って・・



 まだまだ まだまだありますね~

 最初はもちろん、わかりませんからいろいろな本を買ったり、インターネットで調べたりして、

  お手入れの方法を学びますよね。



  そして、いつの間にかわからなくなる・・





P1060064.JPG





基本はひととおり、頭に入れておくのは大切です。

そしたら、あとは、みなさん次第ですね。




目の前のバラさんが、今、どうしてほしいのかな?

バラのお母さんであるみなさんが、ぜひに感じ取ってあげましょう。




お家、お庭の環境、気候、などなどいっぱい、考えてあげたいことは山ほどあると思います。

バラにとって、なにがいいのかな? なにをしたらいいのかしら?




バラとの会話も楽しいものです。

会話・・ おしゃべりですから、たぶん・・


 マニュアルどうりでなくていいですよ、きっと。




ただただ、みなさんも楽しむ。バラも楽しむ。 

素直に向き合えたら、きっと、バラ育てはうまくいくと思います。





マニュアル片手でも、いいんです。


   バラと楽しく過ごして欲しい。


        バラ庭師の願いです ***









   
         " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ~。







バラ庭師は、またの名を 「草取りおばさん」 と申します 笑


そう紹介したいくらい、今年はまあよく、my garden の草を取りました~。





だってね~ あんなに雨がふるんだもん、草も伸びるわけですね。


あれじゃあ、取らずにはいられません。







P1090578.JPG







バラ庭師、案外除草が好きであります。


きれいになると、気持ちがすっきりいたします。


それに、頭の中を 感情をからっぽに出来るから 好き~。









P1090574.JPG







今日は、甲府市へバラの往診に伺いました。


月に一度の、ガーデンのメンテナンス。


もちろん、除草もいたします。


  奇麗になって嬉しいです。ありがとう。


そう言われると、ますます張り切ってしまいます~






草取り・・除草もわたしには、やりがいのある仕事となっています。


  だから、またの名を 草取りおばさん! と、申します。




だってね、まずは草を取らなくちゃあ、お庭の仕事は始りませんものね~ 笑顔




    バラ庭師は、喜んでいただける、すべての仕事をこなします。


      いつでも、お声をかけてくださいね ***


     








 なんとなく、すこしお話したくて書きました。

 さら~っと、読んでくださったら幸いです。





バラ庭師。



自分のことを、そう呼んでおります。

字のとおり、バラの庭師・バラ専門の庭師であります。




仕事を立ち上げまして、7年目。

山梨県を主にして、只今60件のお庭のバラのお世話をさせておただいております。

日々、お客さまとバラたちには、大変お世話になっております。

まことにに嬉しいかぎりです。




正直言いまして、この7年のあいだ、ほんとうにいろいろなことがありました。

当然、うまくいかないことなんて、当たり前に起こりましたし、大きな失敗も多々してしまいました。


わたしが勤務していた 山梨県フラワーセンター(今のハイジの村) でバラ育てを鍛えてくださった

 親方には、「こんな仕事は無理。この不景気に、バラの手入れを頼む人なんているわけがない。」


そんなふうに言われていましたし、わたしも、そうだよな~なんて納得したのを覚えています。






明野を拠点としています店 「バラの庭ローズジャルダン」 ですが、当初は販売等は、するつもりが

 ありませんでした。 仕事の事務所的なものが欲しかった、自分がバラをいじる場所が欲しかった。

 ただ、それだけでよかったんです。



それだけでよかったんですのに、わたしの厳しい友は、それを許しませんでした。


     そんな無駄なことしてなんになる。

     あなたの仕事は趣味ですか?

     それじゃあ、お客さまにもバラにも失礼ではないですか。

     あなたは、バラ庭師をしたいんでしょ?

     ここでバラの店を開いて、あなたの仕事を広める場所にすればいい。

     まずは、あなたと、あなたの仕事を知ってもらうのが先決ではないですか?



わたしも意地っ張りでしたから (今もかな笑)

      わかりました!やってやろうじゃないですか!!

言っちゃいました。。。







そのおかげで今があります。

わたしがなりたかった"バラ庭師"がおりまする。


  わたしのいちばんの財産は、出逢ったすべての人々=宝物 と痛感しています。




そして、わかったのです。

バラを育てるにあたって、困っている方がいらっしゃるということ。

バラの手入れをしてくれる人を探している方が案外多いということも。





ただただ、バラをいじるのが好きなだけでした。

その好きなことで、ささやかでもお客さまのおちからになれましたら、お役にたてましたら、

 こんなに嬉しいことはありません。




それでも、まだまだ始まったばかりと思います。

まだまだ日々精進しなければなりませんし、していく覚悟です。



     
     みなさま、今後とも、よろしくお願いいたします。
Rose Jardinローズジャルダン|山梨県北杜市明野のバラ苗販売、オープンガーデンのあるお店