Rose Jardinバラ園のご紹介

2016年12月アーカイブ



            "バラの庭ローズジャルダン" へ、ようこそ。





穏やかな年末を迎えています。

お店から眺める四方の山々が雪化粧し美しすぎます~***



今日で、今年の業務が終了いたしました。

看板にゃんこらと、お掃除を済ませて、かわいい鏡餅を飾りました。





  今年、一年、まことに充実した毎日だったように感じています。

  この仕事を始めて7年になります。

  いろいろありながらの、駆け抜けた7年でありました。



  おかげさまで、バラ庭師としてバラの往診・お手入れにお伺いしますお家は60件を超えるまでに

                                      なりました。
 
  たくさんの嬉しい出会いのなかで生まれてきました感謝の結果の件数です。



  仕事の内容も今では多岐に及びます。

  一年を通じて仕事ができている状態で、充実の毎日を送っています。




    反して、来年は、今まで以上にがんばらねばと、心地よいプレッシャーを感じるとともに、

                より良い仕事をするためにあらゆる手段で臨む覚悟です。



  仕事仲間や、友人、家族。 ほんとうにたくさんの人たちの協力と支えをいただきました。

  来年は、少しずつでも恩返しをするつもりで、さらにバラ庭師の腕に磨きをかけていきます。




  つたないわたくしのブログを、いつもひらいて見てくださり、応援してくださって、ありがとうございます。

  感謝しきりです。


   来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


      バラの庭ローズジャルダン バラ庭師 篠原 直美

  
  


        " バラの庭ローズジャルダン "へ、ようこそ。




午前は冷たい雨が降り・・

午後は、寒い強風が吹き荒れました。


ガーデンのメンテナンスに伺っています、甲斐市のレストランの中庭も、いよいよ冬の支度を整えました。






P1090892.JPG


中庭のメインは、6mの壁面花壇です。

こちらの自動灌水装置は、凍結予防のため外しました。

よって、壁面花壇に植えてあります植物は、この冬に一旦リセットいたします。





冬とはいえ、レストランの花壇です。

 ちょっと寂しくなってしまいますから、コンテナガーデンと、下の丸花壇には植栽を施します。



  とっておきの可愛いと、素敵なビオラたちを植えました。

  真赤な実がかわいい、チェッカーべりーも添えました。




P1090891.JPG





P1090889.JPG





こちらは、日々はレストランの方が、ジョロでお水をやってくれますから心配ありません。



クリスマスは過ぎてしまいましたが、
  
   夜はガーデンに貼られたイルミネーションが輝き、キャンドルが灯ります***





P1090896.JPG



    お世話をしていますのは


     甲斐市 

      カフェ感覚のフランス料理の店

        「ジャルダン アッシュ」 さんです。




   ご機会がありましたら、ぜひお尋ねになられてみてはいかがでしょうか ***




    また、春になりましたら、壁面花壇つくります。

    今から、どんな花を植えますか植栽に悩みますが、それも楽しみです。



       バラ庭師ですが、バラがないガーデンのメンテナンスもいたします。


             腕を磨く毎日です。


      " バラの庭ローズジャルダン"へ、ようこそ。




年末ですが~


 ブログをみてくださっていますお客さまからリクエストをいただきましたので、


 ご要望にお答えしまして、お話してみたいとおもいます。





  「鉢バラの土替え」


そもそも、鉢植えの土を替えるのは、どうしてでしょう?

根が詰まった!

と、よくそう言いますね。



鉢に植えて、二年以上経ちますと、鉢の中で成長した根っこが、行き場を失って鉢の底でぐるぐると回って

さらに成長して、・・根が回ってしまうんですね。



そうなったら、たぶん、鉢の中は根っこだらけになってしまっています。

そうなったら、お水も肥料も吸うことができません。

そうなったら、成長が止まってしまいます。



手ガンナで、土をかじってみてください。

先が引っ掛かって、土が掘れなかったら、土を替えるサインです。


また、掘れても安心はできません。

時々、少し掘り起こしてみてください。

コガネムシの幼虫がいましたら大変! 土を替えましょう。







P1060330.JPG






① 時期

   真夏以外でしたら作業してもだいじょうぶですが、できれば寒くなってから(バラが休眠してから)

                            の方が安心とおもいます。

② 方法

   冬の場合、剪定を済ませてからのがよろしいでしょう。

   鉢からそっと抜いて、土はなるべく落としましょう。

   根っこ全体の3分の1を目安に、根っこの先を切りましょう。

   新しい土を準備します。

    植え替えの時は、肥料は入れないでくださいね~

   鉢は、大きくても10号までにしてください。

    あまり大き過ぎますと、かえって根が張れません。

   ここで、根っこの診察をいたしましょう。

    ・根頭がん腫がないかどうか。
  
    ・接ぎ木部分にテープがまだ残っていたら取ってください。

   土を入れます。

    バラの接ぎ木部分は、土に埋まってしまわないように植えつけてください。

    根と土がしっかりとなじむように、土を入れましたら、棒などでつついてください。

    土はしっかりと固く植えてください。


   一番大事なのは、水やりです。

   土がしっかりと水を含むまで、鉢の底から水が出るのを、3~5回繰り返しましょう。

   水が少ないと、水の道が出来てしまい、水枯れの原因となってしまいます。


   土替えをして、しばらくは毎日水をたっぷりやってください。

   ひと月しましたら、液肥を与えます。





P1060326.JPG




方法としましては、こんなところでしょうか。


参考にしていただけましたら幸いです。


お正月休みに、やってあげてもいいですね。


いずれにしましても、土替えをしてほしいサインを出しているかどうか、みてやってくださいね。


 よろしくお願いいたします。



    バラの庭ローズジャルダン  バラ庭師 篠原直美

   






     " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。




12月 20日(火) 晴れ 


今日で、清里での仕事が終了いたしました。

清里にしましては、なんと暖かい一日で、汗かくくらいで、ありがたかったです。





今年も、清里にはよく足を運びました。

おかげさまで、新しいお客さまも増えました。

嬉しいかぎりです。




    バラ庭師、ちょっとセンチになりながら、

    
   今年清里で出逢ったバラたちを思い浮かべています・・


      
        ねえ すてきでしょう ***









P1060351.JPG




P1060341.JPG




P1060320.JPG




P1060344.JPG














P1060347.JPG




P1060331.JPG




P1060340.JPG






P1060332.JPG



まだまだ まだまだありますけれど・・



みんな~ また来年も、よろしくね***


         " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。




夕べは、すごいどしゃ降りの雨・・。

雪にならなかったから、冷え込みはそれほどではなかったみたいです。



今日は、強風に悩まされました~

みなさんのところは、いかがだったでしょうか?






    バラ庭師の往診です。

    山梨県北杜市高根町清里にやってまいりました~

    標高1000mを超えてきていますので、いよいよ寒さは本番です。

    バラに肥料を入れました後、防寒対策をいたしました。




    8株のつるバラと、6株の木バラです。

    今年の5月に植えました。



    植えた年の初めての冬であります。

    しっかりと防寒対策が必要と思います。



P1090882.JPG





        写真のように、伸びた枝をひとつにまとめて、寒冷紗をぐるぐると巻きました。

        見たところはあんまりかっこよくはないですが、そんなこと言ってられません。

        バラに真っ白なコートを着せてあげました~ 笑





        それから、バラの根元も防寒いたします。

        牛ふん堆肥をバラの根元に被せました。

        バラにお布団をかけてあげました~ 微笑




P1090885.JPG





これで、良し!!

これで概ねの寒さはしのげると思います。

建物の南側で、北風もさえぎられますし、西陽があたって暖かい日も多いでしょう。









P1090887.JPG

バラ育ては、このように大変なことも多いですが、それだけに咲いた時は喜びに充ち溢れます。

バラのお母さんになったつもりで、優しく、時には厳しくお手入れをしてあげてください。


    よろしくお願いいたします ***




             "バラの庭ローズジャルダン "へ、ようこそ。





クルマでお店に着くなり、速攻で飛び出してきます。


おはよう~~っ!!


毎朝のお楽しみ~ にゃんたちにごはんあげてね、ハイタッチしてくれると嬉しくてね~





P1060012.JPG





今日の午前は、バラの寒肥えの準備をしました。


今日は、少し肥料のお話いたします。




   寒肥え 寒肥 寒肥料

   言い方はいろいろですが、要は、元肥のことです。



   今時分に施す肥料が、冬の間に土の中で分解されて、春の花に効いてくるしくみです。

   基本は、今やる肥料で、一年間の栄養が足りる計算です。



   ですから、寒肥はしっかりと分量を量って施しますよ。

   バラは肥料っ食いなんて言われますが、ここで多いだけであとは必要な場合のみとしますから

   わたしが思うに、そんなに大食漢じゃあないと思います 笑






P1060053.JPG






      弊社で使用しています肥料内容です。 参考にして頂けましたら幸いです。




       バラ1株に施す肥料内容です。


       ・ 牛ふん堆肥6リットル

       ・ なたね油かす300グラム

       ・ 骨粉300グラム

       ・ 過リン酸石灰300グラム

   
          以上を、バラの根元から30センチ離したところを掘り、施します。




 特に、バラ専用のものは使っていません。

 JA農協さんでいつでも手に入る、野菜用一般のものです。



 わたしは、これで十分と考えます。

 実績からも、そう言える自信がございます。




    バラ専門の肥料は、もちろんいいですよ~ 実際にバラによく効くと思います。

    しかし、バラが100株、200株とあったらどうでしょう。

    やりきれませんのが正直なところですね。



      それに、バラには、年間としてごはんは少なめがよさそうですよ・・

              わたしたち人間も~ 笑




そして、春の満開のあとのお礼肥えなども、バラの様子をみて与えましょう。

様子と言われましても難しいかもしれませんね。




    肥料に限らず、バラとお話するように毎日様子をみてあげてください。

      きっと、してほしいこと、なにか言っているのが聞こえてくるでしょう。  



                         ほんとですよ 笑



   
      バラ育ては楽しいな、素敵な時間だな。


       バラは見るだけじゃ、もったいない友だちと思います ***


   

      



              

    


      





         " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。





P1060024.JPG







日中はポカポカと温かく、12月を忘れてしまいそうな良いお日和の一日でした。


バラ苗の植え付けをしました。


   「シャンテ・ロゼ・ミサト」

 ピンクの巻きが可愛い&おしゃれなバラですね~




なんと!

教室の生徒さんからいただいてしまいました~




いえ、正確には・・

わたしに育てて欲しいご依頼で預かりました。




生徒さん、このバラに魅せられて、二年前に購入し、お庭に植えて育てているんだそうなんですが、

先日の教室で、発覚してしまいました・・



    このバラは、シュラブ(半つる)の種類ですので、半つると言いましても、けっこう伸びますよ。

    つるバラとしてもいかれるくらい旺盛に伸びる性質です。



    12月の教室のお題は、「バラの剪定」でしたが、そこで発覚してしまいました・・

    生徒さん、ミサトを今までブッシュ(木バラ)と思って育てていました。


     そう・・  バラの枝(シュート)が伸びてくれないんですもの、仕方ありません・・




         え~~~っ? つるバラみたく伸びるのですか~??




どうして伸びなかったんでしょう?


いえ、伸びようとして、

いえ、伸びてきたところを切られていました~




説明しましても、疑わしきかな・・


     ここで育ててみたいです

     育て方をここで、このバラに教えてほしいです!



了解しました 実践あるのみですね。

ここでいっしょにこの子と勉強いたしましょう。




そして、同じバラをかかえて来てくれたのです・・ 

一途でかわいい生徒さんです。




ガーデンのとっておきの場所へ植えました。

ミサトさん、お願いですよ、いっぱい成長してびっくりさせてやってくださいね~




      バラの楽しみは永遠です ***





P1060018.JPG

Rose Jardinローズジャルダン|山梨県北杜市明野のバラ苗販売、オープンガーデンのあるお店