Rose Jardinバラ園のご紹介

2014年12月アーカイブ


12月 30日 (火) 晴れ


穏やかな年末です。

バラの往診で、寒肥施肥の仕事も今年の予定を無事に終えることができました。

毎年12月は、肥料入れで穴を掘る毎日です。

少々大変ではありますが、来春のバラ満開を夢見ての大事な作業ですのでね、いやでも

  張り切ってしまいます。





P1050893_R.jpg



お店の方にも、おおぜいのお客さまが来てくださいました。

ガーデンでバラや花たちを眺めていただいたり、

バラ苗・花苗をお買い上げいただいたり、Cafeでお茶を楽しんでもらったり・・。



3シリーズある「バラの教室」もそれぞれ好評にて継続中。

いつも楽しい、厳しい(笑)教室です。



P1050890_R.jpg



その都度、ブログで紹介させていただきました。

ご覧になってくださって、ありがとうございました。

大変お世話になりました。



来年は、また、いろいろとやりたいことや、やらなければならないことがいっぱいです。

バラを通して、また、花や植物たちと、さらにみなさまに数々の楽しみを発信していきます。


来年も、どうぞよろしくお願いいたします。



     バラの庭ローズジャルダン

           篠原 直美


    P1050897_R.jpg


12月 27日 (土) 晴れ
 


ローズジャルダンの近くに、とっても美味しいフランス菓子のお店があってね、

今日も、お友達への贈り物に欲しくて伺いました。



P1050903_R.jpg



ご主人は、ちょっと寡黙。 シャイな方。

でも今日は、声をかけてくださいました。



   バラって、冬はどう過ごすのがいいのかな?

   寒いのは大丈夫ですか?



     はい、バラは北杜市くらいの寒さでしたら、外で大丈夫です。

     むしろ、寒さにあててやったほうがいいんです。



   ボクは失敗したな~

   この店は15年になるんだけれど、最初にバラを植えたらよかった。

   そしたら、今ごろみごとな花を咲かせていただろうにね。

   毎年苦労して、グリーンカーテン育ててるんだけど、それも、バラを植えていたら

   バラが日よけにもなってくれただろうにね。




P1050913_R.jpg



楽しい会話でした。

それに、とってもうれしかった~。


      そうですね。

      でも、まだぜんぜん大丈夫ですよ。

      お好きなバラを、植えてみませんか?

      お店の外壁が白ですから、どんなバラも映えますし、さらに素敵になりますね。



上からみますと、V字の形をしているおしゃれなお店。

ここが、バラで埋め尽くされたなら・・

想像しただけで、ドキドキ。。。


P1050952_R.jpg



         来年バラを植えてみませんか?

         お手伝いいたします。


ニヒルなご主人も、とっても楽しそうにお話ししてくださいました。


バラって、バラって、すばらしい!



あ・・

お菓子をいただくのを忘れてしまいそうでした。

ここのスイーツほんとに美味しいんです***



    P1050928_R.jpg





12月 24日 (水) 晴れ


クリスマス・イウ" に、素敵なプレゼントをいただきました。


新しく始められるレストランの中庭の植栽です。


現在進行中のガーデンのメンテナンスをさせていただいているところからのご縁です。


うれしいお話しをいただき、今日見積書提出と同時に、正式に依頼を受けました。







P1060463_R.jpg


こちらは、わがRose Jardin の今年のガーデンですが・・




先日、お店と庭をみせていただきました。

さあ、どんなお庭にしましょうか。

どんな花たちを咲かせましょう。



この冬、少し悩みます。

楽しい悩みです。



来春の楽しみがまた、増えました。

そのころになりましたら、またご報告いたします。




  バラの往診

 "バラの庭ローズジャルダン"の、主たる仕事として、日々バラと接しているなかで、

  出会った事例を報告させていただきます。

  

 


バラの病気 

 「根頭癌腫」 こんとうがんしゅ は、ご存知かと思います。


 発見する場合、たいがいはバラの株元に見つけられることが多いのですが、


    こちらをご覧ください!



P1070169_R.jpg


これも、「根頭癌腫」


まるで、花が咲いたように、枝先に発見しました。


普段あまり見ることは少ないと思い、報告いたします。






P1070168_R.jpg


ひとつ特徴があることに気つきます。


昨年の剪定枝、古い枝の先に癌があることです。


実は、このバラは昨年末に、株元に3センチほどの癌を5つ発見し、

                           削除治療を済ませていました。

  経過を見守るなかで、その後株元には、発生しませんでした。

  
新しい枝も伸びてきて、元気を取り戻したかのようすでした。



ですので、これらは、今年の初夏から今までの間に発生したものと思われます。



P1070171_R.jpg




やはり枝の切り口に、数個の発生が見られます。

ちょっと判りにくいですが、バラの全体像がこちらです。


P1070165_R.jpg



しかし、株元には、その後癌は発生していません。



P1070172_R.jpg


バラの体内に、まだ「根頭癌腫」の菌が残っていて、弱い部分や、

環境が気に入らなかったりするとまた、菌が悪さをするのでしょうね。



それでも思うに、病原菌を自ら外に出してしまおうと努力しているのかも。

あくまでも憶測ですが、現に緑色の新しい元気な枝がいくつも出ており、

 枝の更新作業を一生懸命してくれているのではないか・・

         と、期待もしているところです。



発生していた癌とその支えになっていた枝は切除処分いたしました。

切り口に、殺菌剤ペーストを塗布。

引き続き、経過を見守ります。




    それでも、こんなになっても、このバラは元気でいます。

    今年も春はもちろん、その後も時々きれいな黄色の花を咲かせてくれています。



        こちらのご依頼主さんの思い入れのあるバラでもあります。

        病気と上手に付き合っていきたいと思います。


             なにより、いま一生懸命にがんばっているこのバラのために、

               <バラの往診>は続いていきます。



  他のバラさんたちは、とっても元気!

   黄色のこの子にも、きっとエールを送ってくれていることでしょう ***




P1070174_R.jpg



12月も半ば・・


大泉の森のなかのガーデンに着きました。


すこし曇っていますけど


あした降るって言っててからね、


それほど寒さは堪えません。

P1070141_R.jpg



今日も張り切って、バラたちに、寒肥施肥をいたします。


こちらのガーデンには54株。


春の満開を夢見て、穴を掘る手にもちからが入ります!


時々ね、帽子をつるバラの枝に持っていかれながらね


ひとりでも、結構楽しく仕事を行います(笑)





P1070134_R.jpg





アーチにやっとつるバラが、届くようになりました。


これも、寒肥を入れるようになってから、力をつけてくれたからかしらね。


来春は、花で隠れるといいな・・。




P1070135_R.jpg




玄関横のつるバラです。


毎年困るほど枝を伸ばします。


P1070137_R.jpg



株元は、お手製のプランター。


この狭い環境も、実は成長に一役買っているんです。


根がしっかりと張ることができているようですね。


もちろん、ここにも寒肥入れました。



P1070138_R.jpg



「冷えるでしょう。」


といって、用意してくださった、ショウガ湯です。


   じ~~んと温まって、美味しかったです。


P1070139_R.jpg



  寒肥施肥。


  かなり大変な仕事です。


  でも、これを何のためにするのか、考えたら、少しも苦ではありません。



      そう


      来春の、みごとなバラの満開が見たいから・・


        もうしばらく、穴を掘る日は続きます。


  
  P1070140_R.jpg


12月 16日 (月) 晴れ


さあ、着きました!

北杜の森のなかのガーデンです。



今日はこちらで、バラの寒肥施肥の作業です。

陽が落ちないうちに、終わりにしなくてはね。



P1070154_R.jpg



もう、4年通っています。

植えつけから、お世話をさせていただいています。

バラたち 16株が、森の木々と同じ、自然なかたちで育っています。

ある意味、"理想" なかたち・・。



P1070146_R.jpg


肥料を入れるのは、ちょっと大変です。


鹿や、動物たちにかじられないように、ひと株ずつ覆っていますので、

                         これを外しながらの作業です。

布を外して、穴を掘って、肥料を入れて、土かけて・・

 そうして、また、布を被せ直します。



P1070147_R.jpg



いっしょに、ブルーベリーにも肥料をお入れしています。


全部で14本。


剪定も任されており、責任重大!


おかげさまで、毎年たくさん実をつけてくれています。



P1070144_R.jpg


作業が無事に終わりました。


土の中で熟成されて、春までに肥料がいい具合に効いてくると思います。


そして、満開のバラが、この森のなかで見られます。




山の森のなかです。


すぐに寒くなります。


すこし時間がありましたので、枯れ葉と戯れながら、どんぐりたちと遊びました。




さあさあ、寒くなりますからね。


さわさわ・・


冬の風の音が、"お疲れさま"を、言ってくれました ***






P1070150_R.jpg


12月 9日 (火)  晴れ


朝晩はめっきりと寒くなりました。

それでも日中は、暖かな陽射しが、冷たい肌に心地いいですね。




そして

12月ですから・・

お店に「クリスマス・リース」飾りました。

可愛らしいでしょ!



P1070131_R.jpg


今年の春まで半年余り、仕事をお手伝いしてくださった女性の、置き土産なんです。

大切にしまっておきました。


そして

大事に飾りました。



ふふふ、

今日来られた教室の生徒さんのひと言!


     「おいしそ~!!」

  
  楽しい会話が続きました***




そしてね、

「クリスマス・プレゼント」 なんですけど・・




P1070130_R.jpg



       カフェ舎に咲いた "つるアイスバーグ"


P1070127_R.jpg



      ほらね、真っ白な花がいくつか咲いていたんです。




P1070126_R.jpg



   "つるアイスバーグ"は本来、一季咲きですので、春にしか花を咲かせません。


    それなのに、どうしてでしょう・・。


          夏以降に伸びたシュートが、年に一回は花を咲かせなくちゃ、と

          がんばりすぎたからなんではないかと思うのです。

            春に咲ききれなかった花かもしれませんね。


    いずれにしましても、

    花をみつけた瞬間、うれしくて、思わず飛び上がって喜んでしまいました。



         だからね、

          ひと足早い、「クリスマス・プレゼント」


             そう、思うんですよ ***



            P1070128_R.jpg


12月 5日 (金)


         "オギノリバーシティ・カルチャースクール"

                  in バラの庭ローズジャルダン


もう、かれこれ19回目を迎えました。

        「バラの育て方・楽しみ方講座」


    今日の題目は、  つるバラの剪定


             今日の明野は寒かった!

             極寒のなかでの実習です。



P1070103_R.jpg


この奮闘ぶりを、ご覧ください!

まさしく 「つるバラと格闘シーン」で、あります。



ふたりは、教室発足当初から、ずっと参加してくれています。

熱心というのもそうなんですが、ほんとうにバラが好きで可愛くて仕方がないようすです。



始めたころは、こわくてなかなかバラの枝を切ることができなかったふたり。

今では・・

  どうです!!

もう、立派な"バラ庭師"ですね。




P1070107_R.jpg


今年から参加の男性と、昨年体調を崩されお休みしていましたが、また今年改めて参加

していただきました女性、ふたりで、ガーデンでいちばんよく伸びたつるバラ(パレード)を

格闘中です。

あーでもない、こーでもない・・

あっ!そうか~!

だんだん仕上がっていくのを、見てみぬフリをして眺めます。

わたしの楽しいひとときでもあります。


P1070106_R.jpg


今年から参加されている女性の方です。

静かな方ですが、もしかしたら皆さんのなかでいちばん熱心かも・・!!



ひとり、いちばん寒いところで、お願いしてしまいました。





ここで行う教室。

いちばんのいいところは、<実践で覚える教室> であることです。

本や紙のうえだけでは、なかなか理解できないと考えます。


ガーデンで、思う存分、切ったり触れたりして、からだで覚える。

そうして、しっかりと自分のものにしてほしいのです。




寒いなか、明野まできてくださって、ほんとうにありがたいと思います。

で、ありますので、なおさらしっかりと身につけていただきたいのです。



バラを育てる・・

バラを楽しむ・・

 すこしでも、そのお手伝いができますことを、ほんとうにうれしく思っています。



P1070124_R.jpg



     さあ、完成!!


      来春の、バラ満開が楽しみでなりません ***


 12月 1日 (月) 雨


雨の月曜日・・

今日から、寒さが厳しくなると天気予報がいいましたので、

昨日、いよいよ収穫しました。



お店のカフェ舎の北側の壁を一面に覆って、かわいい実を楽しませてくれました。

すてきなグリーンカーテンです。





P1070001_R.jpg




で・・

雨になった今日、ビニールハウスの作業場で、

網から外して、葉っぱを取って

せっせと収穫、きれいに仕上げました。




つるが長いです。

長いのは、3mくらい。

順番に、箱のなかへ。



P1070098_R.jpg






ほら、短くたって大丈夫。


麻ひもでかわいく縛っておきました。






P1070101_R.jpg


さあ、用意できました。

出発!

配達です。


      かわいいこの子たち、フラワーデザイナーの元へ。

      アレンジに使われます。

      どんなに素敵に変身するのかな?

      期待に胸が膨らみます***
Rose Jardinローズジャルダン|山梨県北杜市明野のバラ苗販売、オープンガーデンのあるお店