Rose Jardinバラ園のご紹介

Rose Jardinローズジャルダン|山梨県北杜市明野のバラ苗販売、オープンガーデンのあるお店

バラの診察室のあるお店


           " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。



12月も10日となりました~。

朝晩はかなり冷え込んでおります。

それでも、日中は日が射して暖かいです、お日さまは、ありがたいですね***





さて、当店のバラ庭師は、相変わらずにお客さまにガーデンに出向き、寒肥施肥作業に忙しい毎日。

今日も、30株のバラたちに、肥料をあげておりましたが・・





あ"ーーっ!!

発見してしまいました~ バラの癌 根頭癌腫 であります。




P1100595.JPG




早速、治療をと、専用の手ガンナで癌をたたきましたら、ポロッと取れました。

あらら、いつもこんなに簡単に取れないんだけどな・・?




    取れた癌の塊をよくみました。

    なんだか、からからに乾いています。

    癌は、死んでいるように見受けられました。





    付いていたバラの株元も見てみました。

    ポロッと取れた跡はありますが、木肌はきれいに回復しているようであります!




P1100596.JPG




P1100594.JPG



    もしかして・・

    これは治ったのかな?



    バラ庭師は、治っていると判断いたしました!!



      念のため、殺菌剤を塗布。


      もちろん、今後も経過を見守ります。




P1100597.JPG





証拠は、バラの枝葉を見たらわかります。

昨年より、また、春よりずいぶんと良く成長いたしました。

花も良く咲いてくれましたから、樹には勢いがあったに違いありません。





バラ育ても、まずは、土つくり。根つくり。からだつくり。 と実感いたします。



そのためにも、今行っています 寒肥施肥 は重要な仕事となるわけです。





   すごいなあ!! 自力で治しちゃったんだね、バラさん!!



   
     バラ庭師の仕事を始めてまる8年。

     バラ育ての良いとする実感を感じることが多くなっています***






P1100598.JPG




        " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。




いよいよ朝は、バケツに氷が張るようになりました。


寒さも本番を迎えようとしています。







今日は、「バラ庭つくり 教室」の日。


12月の題目は 剪定。


バラにとって、最も大切な作業と思います。






P1100005.JPG








毎月、ここまで足を運んでくださる生徒さん、今日も元気な笑顔で現れました 微笑


いつも教室にくるのは楽しみと言ってくださいます。


バラを育てて数年経っておられる方でした。


バラ庭師はふと、お聞きしてみました。




   よくバラを育てようと思い、バラを買い、植えられましたね***




 ***  はい バラを育てることは、わたしのずっと前からの憧れでした。

 
    数年前に、わからないながらも、もう我慢ができなくて、好きなバラを1本買って植えました。


     そして、少しずつ増やしていきました・・  

    
       バラと暮らすのは、わたしの憧れだったんです。

       
       なにも知らないのにね、無謀でしょ?  ***






P1100018.JPG





   バラを育てる バラと暮らす それは"憧れ"



   それをお聞きしました時、胸がドキドキ高鳴りました。


           なんて素敵な理由なんでしょう ***





  憧れのバラのために剪定を覚えたい。そして剪定をいたします。


  そして春になり素敵な花を咲かせて・・

 
     憧れは、現実のものになるのですね




   
  教室は、主催する側にもたくさんの喜びをもたらしてくれます。


  今日も、またひとつ。***

     

          " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。




     ジャジャジャ~~ン !!





P1100554.JPG



   

   はい、いわゆる バラ用オベリスク であります。



    とうとう、ここまで辿り着きました。



   バラにはバラの。


   このバラにはこのオベリスクを添えてあげたい。


     長い間の夢がやっと叶いそう。



   

せっかくですから、オベリスク とは言わず


   ローズスタンド。 とでも言いましょうかしら 


    名前 考えますね 笑


 
         乞う、ご期待***



    





P1100556.JPG



          


           " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。





     冬空に    ムタビリス    映えて     綺麗です   ***



P1100434.JPG





   そして・・





P1100417.JPG








P1100412.JPG







P1100436.JPG







P1100435.JPG







P1100405.JPG







P1100429.JPG














P1100443.JPG






P1100438.JPG




     なつ   なっちゃん    あした   およめに   いくんだよ


             すこし  さびしい   


               かなり   さびしいです



P1100448.JPG



               "バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。






少し強い風が吹いたりしましたが、日差しはたっぷりで、暖かな午後。

今日は、特別に開きましたバラの教室がありました。

特別というのは、マン・ツー・マンの教室のこと。

30キロ以上遠くから通ってくださる方の、その方だけのための教室です。




今年の春にバラに目覚めたというNさまは、もう、バラが好きで仕方ありません。

植えたバラたちを、なんとか上手に育てたいと、教室に申し込んでくださいました。




Nさま、とにかく燃えてます!

バラといっしょの時が、いまは一番うれしいとおっしゃいます。

今日は、バラへ寒肥施肥の方法を学びました。

もちろん、実際にガーデンで肥料を計るところから、穴を掘って施す作業もおこないました。




わざわざここに来ていただくのには、訳があります。

なぜ?どうして?の答えをからだで覚えていただきたいのです。

教科書どおりでない、体験型の教室ならではです。




わからない。を、いっぱい持ってきてくださいね~

講師 バラ庭師の口癖です 笑




P1100015.JPG







              " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。





今日も雨のガーデンです。


こうしたい、ああしたい、などと思いを巡らせていますと、それに見合うものや状態と出会う事があります。


不思議ですね~






なにか、もうひとつ、カフェの傍にほしいなあ・・


そんなことを思いながら出先の店で出会いましたのは、素敵なチェア***


背もたれにモザイクがしてあって、いい感じです。






カフェの精算窓の脇に置きました。


お客さまが、お財布を出したりします時に、バッグなどの手荷物が置けますね***


うん、いいと思います~ 微笑





雨の日もいいと思います~ ***






P1100398.JPG






                    " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。




今日もまた雨が降りました・・。

台風が去ったというのに、また雨。

バラ庭師としましては、仕事に行かれず困ります~っ!!




で、久しぶりに、カフェにおりました。

ストーブを点けて、暖まってきたせいでしょうか・・

頭の回転も、だんだんよくなってきましたよ***




   


     只今、バラの往診・お手入れに伺っておりますお客さまは、60件を超えました。

     おかげさまで、ほんとうに嬉しく感謝するばかりです。

     「その1本の、お庭のバラを元気に咲かせてあげたいな。」

     ささやかではありましたが、熱い思いを持ち始めた仕事。

     夢が叶い、奮闘する毎日です。




     ひとつの夢が叶いますと、また次の夢を見るようになっているのでしょうか?

     また、そうでなければいけないような気もしています。

     わたしもそう。

     もちろん、バラのことでですよ。

     バラ庭師としましては、まだ始まったばかり。まだまだ頑張らなくてはいけません。

     そこに、少~し欲を上乗せしたくなりました。




     バラの庭ローズジャルダン のガーデンを、素敵なガーデンにします。

     素敵なガーデンとは?

     多忙を理由に、お手入れがままならなかったバラたちを元気にします。

     バラも花たちも、元気いっぱいに咲かせます。

       な~んだ、そんなこと~?

     はい、まずはいままでできなかった、な~んだ、そんなこと。を、ちゃんとしなければ、

                              次は始められません。


     

     そしてー

     新しいガーデンをつくります。

     新しいバラを育てます。

     新しい、&あらゆる場面に於いても、バラ育ての提案ができるモデルガーデンをつくります。




     今は何がよくて、何が悪いのかなど、やってみなければ判断できない世の中と思います。

     すべてはお客さまとバラのために、ご希望に最高の提案と実施ができますように。

     セオリーどおりでない、知りたい確かなバラと付き合う方法を提案していきます。

     真剣にその拠点つくりをいたします。




      小さなガーデンです。

      こんなことを言って、はたしてどうなるか心配も多々ありますが・・

      なぜか情熱だけはあるようです 笑

      まだまだやれますことは果てしなくあると実感しています・・

       いえ、やりたくて仕方ありません。

       がんばります。




PS.

   ここだけの話ですが、ガーデンのもうひとつの目的があるんです。

 わたしの師匠が、嬉しいことに先日のフラワーコンテストで、内閣総理大臣賞(一等賞)を獲得しました。

 嬉しくて仕方ありませんでした。

 師匠が使いたい花材となります花がいっぱいの花壇にもしたいのです。

 少しでも恩返しとなりますよう願いながら・・。

     

     


     " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。




ダリアの季節到来~!!


雨降りなんて、へっちゃらだい!  笑



  がんばって咲いてくれています。


  見てやってください***





P1100380.JPG










P1100375.JPG










P1100381.JPG











P1100382.JPG










P1100387.JPG











P1100376.JPG











P1100377.JPG









P1100385.JPG









P1100386.JPG






P1100378.JPG



           " バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。





秋の長雨ですね~

草取りどころか、お庭のお手入れがなにもできませんですね。




イライラしてもはじまりませんから

雨の日だから、出来ることいたしましょ!




ガーデンの使い方を考えていました・・。




P1100364.JPG



バラ苗などの商品置きスペースには、なにも置かないことにしました。

バードバスと木製のベンチだけ。









P1100354.JPG





  あれ~   にゃんこが通る~~ 笑



                   くろちゃんだ!!



P1100363.JPG





  じつは



  新しくバラを植えたくなっています。

  新しいバラを迎え入れたいと思います。



  
  ちょっと、いえ、かなりわくわくしてまいりました~



   植えたくなった大きな理由があるのです。

   その話はまた、お話する機会をつくりましょ!




    今は、ひとつだけ。

    バラも進化を続けているようです***






   


                        "バラの庭ローズジャルダン " へ、ようこそ。








     いきなりお見せする写真は、バラの根。

             バラの根に発生しました 癌 であります。

     
     目に余る写真で、申し訳ありません。




P1100371.JPG
 





P1100370.JPG 





P1100372.JPG 




P1100369.JPG 



一年前に鉢に植えたバラが調子が悪く上手く育たないと、弊社に相談、持ち込まれました。


診察しましたところ、枝葉の動きが殆ど見受けられませんでした。


こういう場合は、まず土の中を疑います。


すぐに、土から取り出ししらべましたところ、バラの癌を見つけてしまいました。






    水でよく洗い、早速治療をいたしました。


    幸いにも、白い根はわずかながらではありますが、出ておりましたので、希望が持てました。


    癌は極力取り除きました。


    そして、新しい土を使い植え替えます。


    この際は、肥料は与えない方が良いようです。


    その後は水をたっぷりと与え、しばらくは水をかかさないよう気を配ります。






         出した土も、よく分析しました。


         鉢の底付近に、コガネムシの幼虫がころっと寝ておりました。


         土は固まっていて、なかなかほぐれませんでした。


         コガネムシの排泄物の影響で、土質も思わしくないものになってしまっていました。






  治療の際に使ったハサミ、手袋、さらなるは鉢も、まとめて熱湯消毒いたします。


  癌が他に移るのを防ぎます。




P1100373.JPG






       この子はしばらくこちらに入院していただきました。


       大丈夫、元気になります。頼もしいバラ庭師がおりますから。 笑





         - 参考にしていただけましたら嬉しいです -
Rose Jardinローズジャルダン|山梨県北杜市明野のバラ苗販売、オープンガーデンのあるお店